不動産の売却を行なうのなら知っておきたい情報

住宅を売却するときのチャンスを掴み取ろう

気を付けて行なう

今の住宅ローン金利の最低利率で賃貸よりも所有した方が良いのか

2013年の消費税引き上げに駆け込み需要でリーマンショック以来の落ち込みが何とか回復傾向にあり賃貸物件を探して住むよりもマンションか一戸建てを所有した方が月額費用が下げられる状況にあります。 銀行金利は1%を切り2000万円の物件でも月額7万円位で住む事が出来ます。 審査は銀行ローンとフラット35を使うやり方があります。 銀行ローンの審査は勤続年数、年収、現在の借り入れ額の様に個人属性を審査しクリアすれば安い金利で80歳までの最長35年ローンが組めるという事です。 フラット35は銀行ローンでは無く住宅金融支援機構が最終審査をして銀行に物件価格を支払いますので利率は少し高くなりますが勤続年数や審査する個人情報の協会が違い比較的ハードルは低いようです。 ただ月額が安くなるからといって安易に一戸建て住宅やマンション購入に踏み切るよりも計画をしっかり立て購入しないと売却する場合は購入する場合よりも難しいのです。

一戸建て住宅を売却する場合に気を付けて置くべき事

終の住処として購入した一戸建て住宅も色んな諸事情で売却を検討しなくてはならない場合も出てくるかもしれません。 中古の一戸建て住宅やマンション売却は不動産会社に購入して貰い売却するケースが難しいのです。15年位経過した一戸建て住宅の場合は家には価値を付けるません。殆んどが土地の価値しかありません。 瑕疵担保責任が販売してから2年以内の申し立てに関して受け入れ無ければならず業者は殆んど仲介をして契約はオーナーと購入者が行い現状渡しを条件に行われます。 中古の住宅の不具合は住んだ人しか分からないので事前の下見や申告だけで十分では無いからでねす。 現状渡しですと購入者も少し引いて考えてしまいなかなかマッチするまで売却に時間がかかります。 ローン返済が残っている場合は売却しなければ次の物件も購入が進みません。 一戸建ては耐震、耐火、高品質な住宅がおおくなりましたが12、3年位で壁、屋根塗装や適時なリノベーションをして置けばいいのですがお金のかかる事ですのでついつい後回しになりがちです。 自分の大切な資産を 売却する事を考えなくても大切にメンテナンスしておきましょう。

Copyright © 2015 不動産の売却を行なうのなら知っておきたい情報 All Rights Reserved.